• TOP
  • >
  • 資産と絆の継承

資産と絆の継承

あなたは資産継承についてどのようにお考えですか?

大切な資産を代々守り残すために、
生前より様々な対策を計画的に行っていくことが大切です。

資産継承の対象となる投資商品は様々です。
貨幣や国債、株式などの「金融資産」、貴金属や不動産などの「現物資産」に大きく分けられますが、富裕層といわれる方々はリスク管理のために "資産を複数の投資商品として分散する" 傾向にあります。
あなたは大切な資産を親から子へ、子から孫へ、代々守り継承していくためにどのようなプランをお持ちですか。
生前より様々な対策を計画的に行っていくことが大切です。

株式
債権
不動産
貨幣
マンション購入
養子縁組
貴金属
貴金属
アパート経営

黄金の力と価値

黄金の価値は時代を超えて国を超えて不変です
いつまでも輝きを失わないものそれが黄金です

黄金と繁栄・権力は同居する

ケインズ John Maynard Keynes 1883-1946 

イギリスの経済学者・官僚・貴族。20世紀における最重要人物の一人であり経済学者の代表的存在。

黄金は人間の深い潜在意識の中で
本能を満足させる

フロイト Sigmund Freud 1856-1939

オーストリアの精神分析学者。潜在意識・無意識という概念を確立させ、後の精神医学や臨床心理学の基礎を作り上げた。

それぞれの発行体により価値が保証される紙幣での資産は、経済情勢の悪化などにより価値をなくしてしまう可能性があります。
一方、現物資産である貴金属は、特定の発行体の信用の裏付けを必要としないため価値がなくなることはありません。
中でも金の価値は世界中で認められており、いつでもどこでも換金できるうえ保有しているだけでは不動産のように維持コストのかからない等の優位性を持ち、抜群の認知度と市場規模の大きさにより貴金属の投資先として最も人気があります。
インフレにより貨幣の価値が下がっても、デフレにより信用不安が起きても、現物資産である金などに資金が集まるため、長期的に見ると価格は安定しているといえます。
大切な資産を守るためのリスク分散化手段として、近年ますます金の存在感が増しています。